北海道の小学2年生の行方不明のニュースについて

北海道の小学2年生の行方不明のニュースで感じることは、親の考えに疑問を感じてしまいます、まずは子供が車などがある方向に石を投げていたようで、それを注意しても辞めず、結局は山の中に子供を置いてきたそうです、そして5分ほどして、親が元の場所に戻ってみると、子供はいなくなっていたとのことです、そこで親たちが自分で探しても見つからず、結局は捜索を依頼しました、ここまできたらおおごとです、山に来た理由が山菜を採りに来て、いなくなったとのことでしたが、結局はしつけで置き去りにしたことが言われています。最初に正確な話をしていれば、捜索を行う場所も変わっており、状況も変わっていたかもしれません、結局、現在も見つかっておりません、ここまで来ると私自身感じてしまっていることですが、本当にこの場所に子供はいるのかどうかも疑問に感じてしまいます、嘘をついているのではないかと感じてしまうこともあります。最初に嘘を言ったことによって、多くの人を振り回したことによって、どうしても心の底から信頼してみることができなくなってしまっています、早く見つかってもらいたいですし、詳細や真実をはっきりしてほしい気持ちです。

北海道の小学2年生の行方不明のニュースについて